▲TOPへ戻る

循環器内科

診察室

循環器内科とは

循環器とは、心臓から血液が送り出されて体じゅうの組織を巡る、その経路のことを言います。したがって循環器内科では、不整脈、狭心症・心筋梗塞、心臓弁膜症、心不全などの心臓の病気や、動脈硬化、動脈瘤などの血管の疾患を対象とします。
循環器内科では、主として薬物による治療が行われますが、病状によってはカテーテルなどによる非薬物療法による治療が必要になることがあります。
当院では、循環器疾患の早期における発見と、退院後のフォローアップを、提携病院と連携して行います。

循環器内科で扱う主な疾患

高血圧
不整脈
狭心症
心筋梗塞
心不全
心臓弁膜症
大動脈瘤
閉塞性動脈硬化症 などです。

こんな場合はご相談ください

血圧が高い、頭痛がする
胸部や背部の痛みを覚える
夜間や早朝に胸部を中心に圧迫感や違和感を覚える
歩行や運動時に胸が苦しくなり、休むと軽くなる
動悸がする(鼓動が速くなる、鼓動を強く感じる)
脈が乱れる、飛ぶ
息苦しくなる(特に横になった時)
以前よりも運動時の息切れがひどくなった
失神した(気を失った)
心電図や胸部X線検査で異常を指摘された など

循環器内科の主な検査

心電図検査

10個の電極を付けることにより様々な向きから電気の流れを見ることにより、非侵襲的に心臓の電気生理を見る検査です。不整脈の有無、過去の心筋梗塞などの心筋障害の有無、現在進行形の心筋障害の有無、などを判断します。動悸や胸痛、胸部圧迫症状がある場合の最も基本的な検査となります。服装は胸と両手首、両足首の肌を露出しやすいものが好ましいです。(当院では胸部症状のある患者さんは他の患者さんより緊急性が高いと判断し、優先して検査を行いますので、ご了承ください。)

胸部X線撮影

心臓をはじめ、肺や大動脈などの形や大きさを映し出します。循環器内科では心臓の大きさの拡大の有無や肺に水がたまる胸水、肺に血液がうっ滞する肺うっ血などを見ていきます。心不全の患者様では、心臓の大きさが胸部の大きさに比して拡大する傾向があります。当院でも比較的心機能が悪く、慢性的に心不全を起こしている患者さんや内服薬の増量や追加を行ったときに評価として胸部レントゲンを行い、心臓が肺の大きさと比較(心胸郭比)し、大きくなっていないか、胸水が減少してきているかなどを確認するために、胸部レントゲン検査を行っています。
撮影する部分に、金属物・プラスチック・湿布薬等があると、写真に写ってしまって診断の妨げになりますので、撮影前に外しておきましょう。

心臓超音波検査(心エコー)

心臓超音波検査は超音波を心臓に当て、返ってくるエコー(反射波)を画像に映し出し、非侵襲的に心臓の様子を把握する検査です。
心機能、左心室のどこの部分の壁運動が悪いか(局所壁運動低下)、弁膜症の有無、心臓の周りに水が溜まっていないか(心嚢液)などを確認します。

1. 心機能

心機能とは基本的には全身に血液を送る左心室(左室)の駆出機能を指します。いくつかの方向から確認することにより、2次元の画面から正確な心臓機能を把握します。

2. 局所壁運動低下

心筋梗塞などの心筋のダメージをすでに受けてしまった患者さんでは、左心室の一部に動きの悪いところがあります。時間が経過するにつれ、徐々に心臓機能が悪化したり、心臓自体が大きくなってきていしまうことがあります。心筋梗塞後の患者さんは定期的な心機能のフォローアップが必要となります。心臓がダメージを完全に受けていない狭心症または不安定狭心症と呼ばれる状況でも、一時的に心機能が落ちていることがあります。

3. 弁膜症の有無

心臓には4つの部屋があり、右心房、右心室、左心房、左心室であります。右心房と右心室の間が三尖弁、右心室と肺動脈の間が肺動脈弁、左心房と左心室の間が僧帽弁、左心室と大動脈の間が大動脈弁という4つの弁があります。逆流とは弁の機能が悪くなり、通常の向きと逆に血流が流れます。そのため、心臓に不必要な負担がかかるため、徐々に心機能が落ちてきます。また狭窄症とは弁が何らかの理由でうまく開くことができなくなり、次の心臓の部屋にうまく血流を送ることができなくなることです。このような場合は内科的治療は困難なため、何らかのカテーテル的拡張による治療や外科的な治療が必要になることがあります。

4. 心嚢液

心臓は心外膜という膜に覆われており、心外膜と心臓の間に心嚢液という潤滑油のような液体があり、ストレスなく、収縮と拡張を繰り返します。心筋梗塞後、心筋に亀裂が入り、血液が漏れ出すと数十mlの心嚢液でも血圧がでなくなることがありますが、炎症などでゆっくりたまった場合は数百ml溜まっても、血圧は保たれることがあります。心嚢液のある患者さんでは定期的に心嚢液が増加していないか確認を行うことが必要になります。

心臓超音波検査(心エコー)は、放射線被曝の心配が無いので、妊婦さんなども安心して受けられます。当院では当日に検査可能です。

ホルター心電図

ホルター心電図は、日常生活のなかで小型・軽量な装置を身につけ、長時間にわたる心電図を記録・解析、観察する検査装置です。胸部の違和感を自覚する患者さんの中には何らかの不整脈が隠れていることがあります。不整脈の中には、心臓の中に血栓という血液の塊を作ってしまい、結果的に脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性のある、心房細動などの不整脈や、致死性の不整脈を持つ人もいます。このような方にはホルター心電図は必要な検査となります。また薬剤の効果判定のために、不整脈の増加、減少確認のために、ホルター心電図を行うこともあります。短時間の心電図検査などでは診断できない不整脈や冠攣縮性狭心症(夜間や早朝に胸痛が出現)などの発見が可能です。

血圧脈波検査(動脈硬化検査、血管年齢検査)

血圧脈波検査は、血管の硬さ・血管の詰まり・血管年齢の3つの項目がわかります。
高齢化や食事の西欧化に伴い、動脈硬化が原因でおこる病気が飛躍的に増えております。脳梗塞、心筋梗塞などが良く知られております。実際すべての臓器に血流が流れておりますが、動脈やそこから分岐する細動脈が臓器へ血流を運ぶ水道管のような役割をします。寿命が延びているということはその分、これらの水道管である血管を長持ちさせなければなりません。動脈硬化の状況を正確に判断し、動脈硬化を起こしている要因を治療していく必要があります。また閉塞性動脈硬化症などの動脈の狭窄を把握するため、循環器内科では一般的な検査です。
検査方法は仰向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定します。所要時間は5分程度で、血圧測定と同じような感覚で行える手間のかからない検査です。当日検査結果をお伝えいたします。

頸動脈エコー

総頚動脈、内頚動脈、外頚動脈、椎骨動脈など脳へ向かう頚部(首)の血管を、超音波検査で把握することにより、頸部の動脈の狭窄の有無や、動脈硬化の程度を評価できます。また脳血管への血流の評価にも用います。血管壁は3層構造となっており、内膜、中膜にあたる第1層、第2層を内中膜複合体(IMC)と呼びます。IMCの厚みは1mm未満が通常で、1mmを超えると肥厚と判断し、動脈硬化が示唆されます。エコーの輝度を見て内部が、粥状のドロドロしたものか、ある程度硬化した状態のものかを判断することができます。禁煙や、IMC肥厚を起こす要因となる糖尿病、高血圧、脂質異常症などをしっかりとコントロールすることが大切ですが、薬物による治療やカテーテル治療が必要になることもあります。
(当院で当日検査可能です。)

冠動脈CT

CTの機能向上に伴い、心電図に同期させ、造影剤を使用下での心臓をターゲットとしてCTを撮像することにより、心筋に血液を送る血管である冠動脈の狭窄度を把握することができます。心拍数のコントロールが不十分な場合や不整脈、石灰化病変などの患者さんでは狭窄度の評価が不十分であったり、重症度が高く出ることがありますが、冠動脈CTで狭窄が認められないときは、心臓の冠動脈の狭窄は否定的です。冠動脈CTで狭窄が疑われるときには入院による冠動脈造影検査が必要となることがありますが、冠動脈CTは、冠動脈の狭窄の有無を判断するためには有用な検査といえます。外来でできるメリットはありますが、造影剤の使用量が冠動脈造影と比較し、多くなることもあり、腎機能障害のある患者さんでは逆に少量の造影剤を使用した冠動脈造影をお勧めすることもあります。
当院では冠動脈CTは行っておりませんので、紹介にて検査となります。現在CTなどの画像に特化した施設で、当日冠動脈CTを行っていただける施設も多く、必要ならご紹介いたします。)

冠動脈造影検査、PCI(経皮的冠インターベンション)

冠動脈狭窄を疑う患者のゴールデンスタンダードの検査となります。症例にもよりますが、少量(20ml前後)の造影剤使用により冠動脈を評価できるため、腎機能のやや低下した患者さんでも、冠動脈狭窄に起因した狭心症や心筋梗塞が疑われる症例では、有益性が勝ると判断し、冠動脈造影でおよびステント留置などのPCIを行います。現在ステントの機能向上に伴い、再狭窄のリスクも低下してきております。今後さらなるデバイスの進歩により、大きく発展する可能性のある領域です。
入院施設のない当院では行うことができません。必要ならカテーテルの可能な施設にご紹介させていただきます。

循環器内科で扱う代表的な疾患

高血圧

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。
高血圧の90%は原因が不明ですが(動脈硬化が関連していることは考えられますが)、加齢や遺伝や生活習慣などが関与して発症することが考えられます。特に若年で発症する高血圧の場合には内分泌のホルモン異常が関与している2次性高血圧の可能性もあります。
高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます。血圧を2mmHg下げるだけで、脳卒中にかかる人が2万人減少し、死亡は9000人減少するといわれます。
至適な血圧の目標は120/80未満です。異なる機会に測定した安静時の血圧の値が、平均して140/90を超えるようであれば、お薬による治療を検討する必要があります。
高血圧は症状がないことが多いですが、放っておくと、その高い圧力によって血管壁にストレスがかかり、動脈硬化が生じて心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、または脳出血、脳梗塞の原因になったりしますので、症状がないからといって放置しておくことはできません。

高血圧の治療

まずは、定期的かつ決まった時間に血圧を測定することです。定期的に血圧を測定して血圧が高いことについて身をもって自覚できれば、自然に生活改善をするようになり、薬(血圧降下薬)も医師の指示通りに、きちんと飲むようになるものです。
そして、適正な体重(BMI25未満)にし、適度な運動(毎日30分以上、ウォーキングやサイクリングなどの軽めの有酸素運動)を継続的に行い、減塩(1日6g未満)に努めて薄味に慣れる、禁煙を行い、や節酒(1日にビールなら中ビン1本、日本酒なら1合程度)をする、などの生活習慣の改善(食事・運動療法)を心掛けることが肝心です。睡眠・休養をしっかりとって、ストレスを溜め込まないようにすることも忘れないでください。
体重を減らすことができれば、それだけで血圧が下がることが期待できます。
それが難しいようであれば、お薬による治療を開始する必要があります。

不整脈

不整脈が発生する主な原因は、冠動脈疾患、心臓弁膜症、心不全、先天性心疾患、加齢性変化などで、多くが心臓に起因する疾患です。遺伝性の不整脈もあります。
甲状腺異常や肺に病気がある人も、不整脈になりやすい傾向があります。
しかし、心臓病等に関係無く、老化や体質的なもの、ストレスや睡眠不足、疲労などによっても不整脈は起こりやすくなります。
心臓は1日に約10万回も拍動しており、心臓は時には規則正しくない電気信号により不規則な動きをしてしまう場合があります。つまり不整脈は誰にでも起こり得るのです。
不整脈の症状としては、下記のようなものがあります。
ただ、不整脈は常に自覚症状があるわけではなく、本人がそれと気づかないケースが少なくありません。

早い脈(頻脈)

頻脈になると、ドキドキとする動悸が感じられるようになります。さらに脈が速まっていくと、心臓が全身に血液を送り出せない状態となってしまい、吐き気や冷や汗、意識消失等の症状が出てくることもあります。
発作的に脈拍が早くなる疾患には、発作性上室性頻拍症、発作性心房細動といった病態もありますが、カテーテルによる治療が可能な場合もあり、薬物治療の適応になることもあります。心電図などによる精査の検討が必要です。

遅い脈(徐脈)

徐脈になると、フラッとしたり、めまいがしたり、意識が無くなって卒倒したりします。徐脈状態が長い間続くと、動作時に息切れがするようになります。
心臓の動きが長い時間にわたって止まっている可能性もありますので、特に症状があるときには長時間の心電図検査(24時間ホルター心電図)が必要になることもあります。
場合より、ペースメーカーの植え込みが必要にあることもあります。

飛ぶ/抜ける脈(期外収縮)

期外収縮になっても自覚症状を感じないことが多いのですが、症状を感じる時は、脈が飛んだり、胸の周辺部分に不快感を覚えたり、胸が痛くなったりします。これらの痛みは比較的狭い範囲で起こり、あまり持続しない(数十秒以内)で解消します。
加齢に伴い多くなり、特に心身にストレスがかかった時には増悪しますが、多くの場合は特に治療の必要はなく経過観察となります。ただし、背景に心臓の筋肉の病気や、心筋梗塞により心臓の筋肉が壊死している可能性もありますので、期外収縮の数や頻度が多いときには、さらに心臓の精密検査が必要になることもあります。

脈が不規則になる

心房細動という不整脈を起こすと心臓は不規則に、速く(1分間に100回以上)拍動します。
心房細動自体が生命を危険にさらすわけではありませんが、脈拍が速いことにより心臓の機能の低下した患者さんは十分に全身に血液を送ることができず、心不全を起こしてしまう可能性があります。また脈拍が不規則なことから、心臓にできた血栓が脳に流れて飛んでいく、脳梗塞の発生頻度が5倍前後高くなります。加齢とともに発生頻度も上昇すること、
人によっては脈が不規則になっても気付かない患者さんもいらっしゃいますので、心電図検査が必要です。24時間つけるホルター心電図などでの評価が必要となることもあります。
放置しておくと、心臓の内腔に小さな血の固まり(血栓といいます)ができやすくなり、それが脳に飛んでいって脳の血管がつまる脳梗塞を発症するリスクがあります。このため、血液をサラサラにして固まりにくくするお薬による治療が必要になります。
心房細動は、カテーテルによる治療で完治できるケースもあります。

循環器専門医からのコメント

不整脈は24時間のホルター心電図で検査を行うと問題がないと判断される症例も多くあります。ただし上記の心房細動では持続的な心房細動と、一時的に起こる心房細動では脳血管障害のリスクがあまり変わらないというデータも出てきており、10年前の治療とは治療方針がかなり変わってきております。心電図検査により心房細動と診断された患者様には、カテーテル心筋焼灼術という異常な興奮を左心房の中に入り込ませないようにカテーテルでブロックラインを作る治療が適応になることがあり、現在いくつかの施設で、積極的に行われております。不整脈の罹病機関が長いと不整脈の回路となる左心房の径が大きくなるため、カテーテルでの治療成功率が下がるケースがありますが、成功すれば完治することも期待できる治療法です。動悸を自覚する方、脈に不整を自覚される方やご心配な方は早めにご相談ください。
(カテーテル心筋焼灼術は入院加療のできない当院では行うことができませんので、必要な場合はご紹介させていただきます。)

動脈硬化症

心臓から血液が出ていく血管を動脈、心臓に帰ってくる血管を静脈と呼びます。動脈硬化症とは、文字通り「動脈が硬くなる」ことです。
動脈が硬くなると、血管のしなやかさが失われるために血液をうまく送り出せず、心臓に負担がかかってしまいます。
動脈は3層構造をしており、外膜、中膜、内膜からできております。動脈硬化は血管の中膜に粥状のドロドロとしたもの(コレステロールや脂肪などと、血中にあるマクロファージと言われるものが沈着したもの)が溜まり、血管の中が狭くなったり、詰まったり、また粥腫が剥がれて血液中を漂い、やがて細い血管を詰まらせたりします。長年使用している水道管が古くなり汚れて詰まったり、錆びて剥がれたりするのと同じような状態です。
血管の内側が狭くなると、必要な酸素や栄養が全身に行き渡らず、臓器や組織が正常に機能しなくなります。さらに血管が狭くなって詰まると、臓器や組織に血液が届かず、壊死(組織が死んでしまうこと)してしまう場合もあります。
また、血管が硬くなることで血管それ自体ももろくなり、破れやすくなります。
動脈硬化は、高血圧、糖尿病、喫煙、高コレステロール血症(脂質異常症)、などが発症の高いリスクファクターになります。また、加齢に伴って症状が進行する傾向があります。

動脈硬化が招く疾患

1. 心不全

動脈硬化が進行すると動脈の柔軟性がなくなり、血液のポンプの働きをする心臓に大きな負担がかかってきます。心臓の筋肉が肥大し、血管だけでなく、心臓も固くなってまいります。固くなるということは柔軟性がなくなるということであり、急激な血圧の変化に対応できないということを意味します。そしてある日突然耐えられなくなり、心臓から十分な血液を全身に送り出すことができなくなります。この結果肺にも全身に起こりやすくなった血液が滞留するようになります。最近多くなってきた、血管や心臓の壁が固くなることによる心不全は、このように心臓のポンプ機能が保たれていても起こります。
高血圧の既往がある高齢の女性に多いとされています。

2. 心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症

動脈硬化は様々な血管で起こります。血管が狭くなったり詰まったりすると、その先に血流がいかないことになります。これがいわゆる梗塞のメカニズムの一つであり、脳の血管で起これば脳梗塞、心臓の血管(冠動脈)で起これば心筋梗塞、足の血管で起これば閉塞性動脈硬化症となります。また動脈硬化が起こった血管が破れると、クモ膜下出血などの脳出血を引き起こすこともあります。

狭心症

狭心症には、心臓に血液を行きわたらせる血管が動脈硬化によって狭くなることによって生ずるタイプのもの(労作時狭心症)と、動脈硬化が進行した心臓の血管が早朝や深夜にけいれんを起こして狭くなるタイプのもの(安静時狭心症)があります。
前者(労作時狭心症)は、歩行時などに起こる胸の痛みの症状から疑われます。のどや方に痛みが放散することもあります。24時間心電図の検査や、当日に日帰り検査も可能な冠動脈CTによる心臓の血管の状態の検査も可能ですが、心臓カテーテル検査により心臓の血管を造影する検査により血管の狭窄の状態を診断することがが可能です。
後者(安静時狭心症)は、タバコを長年にわたり吸った喫煙者に多く、早朝や深夜の就寝時に胸の痛みが起こります。胸痛の起こり方の症状によって疑われますが、心臓カテーテル検査により薬物の負荷をすることで確定診断されます。お薬による治療が基本ですが、喫煙を止め、野菜中心の食事をすることが肝要です。
いずれのタイプの狭心症も、お薬による治療が基本ですが、場合によりカテーテルによる心臓の血管を広げる治療や、外科的な心臓の血管のバイパス術が必要になることもあります。

動脈硬化の改善

狭心症の病状が悪化すると、心臓に血液を行きわたらせている血管が完全につまる病態を引き起こし、心筋梗塞を引き起こします。
このように動脈硬化は、死にもつながる恐ろしい症状を呼び寄せかねないのです。
そんな動脈硬化の進行を抑えるには、適度な運動、栄養バランスの良い食事、そしてケースによっては薬物療法やカテーテル治療が必要になります。
動脈硬化の危険因子の改善、合併症予防のために、動脈硬化のリスクファクターである、高血圧、、糖尿病、高コレステロール血症(脂質異常症)、などの治療薬を服用する必要がある場合もあります。
また、喫煙は動脈硬化を悪化させるので、禁煙が必要になります。

心不全

心不全とは、心臓の機能が低下して全身の血管に血液を送り出す機能(パフォーマンス)が低下することです。
心臓の機能が低下すると、動悸、息切れ、むくみ、などの症状が現れます。
心不全を引き起こす原因としては、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、心臓弁膜症、心筋症(心臓の筋肉の病気)、などがあります。
診断のための検査は、心電図、胸部X線検査、血液検査、心臓超音波検査(心エコー)などがあります。
胸部X線検査上は、心臓の陰影が増大したり、肺や肺の周囲に水がたまったりする所見がみられます。
血液検査では、NT-ProBNPという酵素が上昇します(当院では当日に検査結果が出ます)。
超音波検査により、心不全を引き起こしている原因の疾病の診断が可能です。
治療としては、心不全をきたしている原因の疾病の治療、薬物治療、非薬物治療があります。
薬物治療としては、心臓や肺の心不全による負担を軽減する薬や、心機能が顕著に低下している場合には心臓の機能を強める薬が処方されることもあります。
症状によっては、カテーテルによる治療や、外科的な治療が必要になる場合もあります。

心臓弁膜症

3. 弁膜症の有無

心臓には4つの部屋があり、右心房、右心室、左心房、左心室であります。右心房と右心室の間が三尖弁、右心室と肺動脈の間が肺動脈弁、左心房と左心室の間が僧帽弁、左心室と大動脈の間が大動脈弁という4つの弁があります。
逆流とは弁の機能が悪くなり、通常の向きと逆に血流が流れます(閉鎖不全症)。そのため、心臓に不必要な負担がかかるため、徐々に心機能が落ちてきます。
また狭窄症とは弁が何らかの理由でうまく開くことができなくなり、次の心臓の部屋にうまく血流を送ることができなくなることです。
これらの病態が続くと、心臓の機能が低下して心不全の状態を引き起こします。
この症状が悪化してくると、内科的治療は困難となるため、何らかのカテーテルによる治療や、外科的な修復の治療が必要になることがあります。
近年は、外科的な手術ではなく、内科的なカテーテルによる心臓弁膜症の治療も可能となってきており、より低侵襲により短い入院の期間(1週間程度)で弁膜症の治療を行うことも可能になってきています。